赤ちゃんの赤あざ血管腫治療ブログ
生まれつきの赤あざを治療。赤ちゃんの血管腫治療ブログです。
乳児湿疹

乳児湿疹のケアと原因

カテゴリー : 血管腫やあざのこと2016年02月01日

うちの次女は、赤あざ(血管腫)だけでなく乳児湿疹にも悩まされました。

最初は顔が少し乾燥しているかなと思える程度でしたが、しばらくするとそのまま湿疹になってしまいました。
ちょうどその頃、市で行われている助産師さんによる母子訪問が近かったので、顔にできた乳児湿疹について相談してみることにしました。
すると助産師さんは

 「赤ちゃんでも洗顔してください。そして保湿をしっかり。」
とのこと。

確かにわが家の沐浴では、顔はガーゼで拭く程度で泡で洗ってはいませんでした。
もちろんゴシゴシやってはいけませんが、清潔にすることが大切のようです。

顔にできた乳児湿疹
こちらは生後2ヶ月ごろ、顔にできた乳児湿疹の様子です。

その後乳児湿疹は多少落ち着きをみせましたが、季節が冬だったせいか乾燥肌まで治ることはありませんでした。
もちろん普段過ごすリビングには加湿空気清浄機はフル稼働。
しかし週末に会いに行くおばあちゃんには「顔がカサカサしているね~」と会うたびに言われていました…。

乳児期の保湿剤

乾燥した肌を何とかしようと、保湿剤は一般的なベビークリームから、アトピーにも対応するもの、粉末タイプのものと色々使ってはみたのですが、なかなか乾燥は改善はしません。
湿疹が酷くなっているわけではないが、肌の乾燥は続いている。
少しぶつぶつも残っていて、保湿をやめればまた乳児湿疹になってしまうかも…という不安定な状態です。
まだ生まれて間もないので、できれば効果の強い薬は避けたいな~と考えていました。



そこでドラッグストアに並ぶ商品ではなくネットで調べてみようと思い、評価も高く値段は高すぎないファムズベビーという商品を試してみました。
もちろん良くなればいいと思って注文したわけですが、今まで効果がでるものがなかったのでちょっと半信半疑でした。

ファムズベビーを使ってみた結果

実際に使ってみた初日、塗った直後の感じがなかなかよい感じで期待できそう。
二日目にして早くもパリパリしていた肌があきらかに良くなっていくのを感じました。

そして一週間後には、赤ちゃんのモチモチ肌が80%くらいまで戻ってきました!
乳児湿疹を治す

体質や肌質によるのかもしれませんが、娘にはこちらの商品がとても合っていたらしく、かなり乾燥肌が改善されました。
しばらくはリピートして使い続けるつもりです。

もし市販品で乾燥がよくならない、どうにか乳児湿疹をケアしたいとお考えなら、1度赤ちゃんに合うかどうか試してみても損はないと思います。
うちの子は良くなりましたから!

商品はこちらで購入可能です。



まとめますと、
乳児湿疹は乾燥や多湿・刺激などが原因になりますので、患部を優しくしっかりと洗うことで清潔を保ち、赤ちゃんの肌にあった保湿クリームでケアしてあげるとすぐによくなります!

その後の乳児湿疹の経過も、こちらの記事 レーザー治療後一週間 で紹介しています。

血管腫治療ブログを最初から見る