赤ちゃんの赤あざ血管腫治療ブログ
生まれつきの赤あざを治療。赤ちゃんの血管腫治療ブログです。
レーザー治療による血管腫の比較

2回のレーザー治療後、大学病院での診察

カテゴリー : 治療記録2016年08月17日

2回目のレーザー治療から3ヶ月が経ち、大学病院での診察日がやってきました。
今回は経過観察に加え3回目のレーザー治療の予定です。
ではまず、現状の状態からご紹介します。

生後9ヶ月、2回のレーザー治療の効果

診察前の娘の足の状態です。
ちなみに生後9ヶ月になりました。
生後9ヶ月の血管腫の状態
どうですか?
どちらに血管腫があったのかさえもわからないくらい良くなっていませんか!?
正解は左足です(笑)。

さらに血管腫のアップはこちら。
治ってきた血管腫
よくみると境目があるもの、これを見て血管腫とは思わないですよね。

大きさもほとんど変わらなくなり、あと一回くらいでレーザー治療は終わりかも、と期待しつつの診察日。
いつも通り病院に向かいました。

名前が呼ばれ診察室に入ると、先生から意外なお言葉が。

4回目の大学病院での診察

娘の足を見たとたん先生は、
「とてもレーザーが効いていますね。これならもうレーザーはしなくてもいいでしょう。」

やった!!もう痛い目にあわなくてすむよ、娘!!

「これくらいレーザーの効きがいいと、時間がたつにつれてどんどん薄くなっていくでしょうね。」

「今日のレーザーは無しで、また3ヶ月後に見せて下さい」
とのこと。

「ウーーー」と、うなりを上げていたレーザーの機械も電源が切られ、診察室にはおだやかな空気で支配されたように感じました(笑)。

治療効果が先生にも認められて、私は素直に嬉しかったです。
ここまでしっかり治療に通って、アフターケアもがんばったおかげでしょうか。
娘の足の血管腫は、とても順調に回復しています。



他のあざも含めて、またご報告したいと思います。

サイズアウトしたロンパース・ワンピース・帽子を愛情リレー。



大切な子供服を譲り合うコミュニティーです。

血管腫治療ブログを最初から見る